なないろの旋律

雪が溶けたら…春になるんですよ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“文学少女”プロジェクトメモワール スペシャルイベント

“文学少女”プロジェクトメモワール スペシャルイベント

日時:11/27(日)19:00~20:52
会場:スパイラル・ホール
出演:花澤香菜/入野自由/平野綾/eufonius/CooRie/伊藤真澄 司会:儀武ゆう子


当初は3/13に開催予定だったイベントでしたが東日本大震災の影響で延期になり、待つこと約8ヶ月・・・ようやく振替開催という形でイベントが行われました。
会場は青山にある複合文化施設「スパイラル」の3Fにあるスパイラル・ホールと完全に場違いなところでしたが、臆せず参加してきましたよ(笑)

座席抽選の結果は2列センターと珍しく良い引き♪参加条件が条件だけに(←DVD4枚購入抽選)客層は原作ファンが多い印象。
ステージはセンターに大型スクリーン、左側に丸椅子×3、右側にキーボードと司会席。

定刻開演。司会は“文学少女”シリーズには出演していない儀武ゆう子・・・そういえば舞台挨拶の時にも司会を務めていましたね。
続いてキャストを儀武さんの提案で香菜ちゃん、自由君、あーやと呼び出して登場。香菜ちゃんは“文学少女”イベントではおなじみの遠子先輩に合わせた三つ編みに白のモコモコのついたオレンジコート。

花澤「この畏まった雰囲気に戸惑ってます。でも本当にやっとお会いできて嬉しいです。天野遠子役を演じさせていただきました花澤香菜です。今日は一緒に楽しみましょう!」
入野「みなさん、こんばんは。井上心葉役の入野自由です。名前呼んでくれてありがとうございます(笑)よろしくお願いします」
平野「みなさん。こんばんは。朝倉美羽役の平野綾です。ずっと延期になってしまってやっとイベントができて嬉しいです。今日はよろしくお願いします」

この3人が揃うのは舞台挨拶以来だそうで・・・いや、儀武さんもだから4人か?全員着席。

儀武「最近読んだ本は何かありますか?」
花澤「あっ、そうですね・・・読みました。長い間海外に行く機会があって、その時に本を2冊持っていって、村上春樹さんと川上弘美さん」
儀武「日本語なかなか聞けないからね(笑)」
花澤「そんなこともなかったです。スタッフさんもいたし。でもゆっくり本を読める時間を取れてよかったです」
入野「僕はイベントで言うのもどうかと思うんですけど『殺人鬼フジコの衝動』という本がTSUTAYAに置いてあって、読んだら止まらないって書いてあって、相当すごい内容で止まらなかったです。あとがきまで読みました」
平野「普段固い本ばかり読んでいるんですけど、最近猫を飼い始めて『猫と話せる本』をいただいたんです。発音記号みたいなのがあって、『ニャー』でも色々あるんです。声の仕事をやるときにも勉強になりました」
儀武「これで猫語ばっちりですね」
平野「私が猫としゃべれても意味ないんですけど(笑)」

○三題噺で語ろう“文学少女”
3つの映像に関連したトークコーナー。

・遠子と心葉の出会いのシーン
花澤「ここは原作を読んでても印象的なシーンで、セリフはあまりないんですけど印象に残ってます」
ここで話は一番最初に収録したドラマCDについて。
花澤「いや~あれは大変でしたね!」
入野「僕たちふたりが特にね」
平野「ごめんなさい、一言だけで(笑)」
花澤「やっぱり“文学少女”独特な言い回しで切れないところがいっぱいあって、そのまま録りたいって頑張ったんですけど結構噛み噛みでした(笑)」
入野「でも楽しかったよね。長ければ長いほど燃えてくる」
花澤「それわかります!1日押さえで気づいたらこんな時間?って」
心葉君はあっさり受け入れすぎ?
入野「本を食べてることにびっくりして、美味しそうに食べててそれもびっくりして・・・なんなんでしょうね?あの順応力は」
花澤「これまでたくさん色々なことがあったから動じないんじゃ?」

・劇場版ダイジェスト(美羽無双)
花澤「いいとこどりですね」
入野「前半から中盤まで気持ちがそわそわしました(笑)」
収録について。
花澤「結構ずっしりくるんですよ、心に重いものが。その中でも確信をついたものが劇場版ではまとめられていて、本当に重かった感じでした。でも演じたあとはすっきりしました」
入野「演ってても色々な発見があって、心葉をこう作っていけばと思いながら演じてました」
平野「私はOVAの方が先でその後劇場版を収録したので、そのまま繋がりでこういう風に美羽を作っていけばいいんだなって」
入野「すごかったね~会場がそわそわしてたよ(笑)」
平野「美羽が出たときクスクスって声聞こえたよ。あと電話のシーンが入ってたのにビックリ!いじめてるなぁって(笑)
美羽は必ずしも周りに理解されなくてもよくて、心葉だけが傍にいればいい。悲しい気持ちだけど演じていてわかったのでつらかったです。
アフレコ前とか私わざと寝ないようにして行ったり、OVAの時は追い詰められた感じをちゃんと出さなくちゃとそれでやってみようと思って、頭だけ冴えてるけど眠い感覚で行ってました」

入野「すごいね~こっちはこっちで紙食べてるし(笑)」
花澤「私は食べてるだけだからいいですけど(笑)」
入野「それぞれのキャラにバックボーンがあってひとつひとつの言葉が背負ってる部分があるので、どういう風に演じようかと」
平野「全部のセリフが重いんだよね」
入野「効果音がつくとよりそわそわして」
平野「だいたい空が暗くなって雲行きが怪しくなると美羽が出てくる」
入野「わかりやすいRPGの敵キャラみたいだよね(笑)」

・モテモテ心葉君(遠子・美羽・ななせとそれぞれの恋愛シーン)
花澤「何か背負ってる感じがいいんじゃ?影がある方が惹かれる」
平野「よく男性は影のある女性に惹かれるっていうけど逆もあるのかな?」
花澤「そう突き詰められるとそうでもない気が(笑)」
入野「女性はみんなに優しい人はイヤって言うよね?」
平野「そうだよ!八方美人はダメ!」
花澤「でも優しくされたら嬉しいんだよ」
入野「難しいね~」
心葉君は好みのタイプ?
花澤「もうちょっと筋肉がついてたら(笑)(芥川君は)いいと思います!テンション上がってきた!」
平野「特になんとも思わないです。友達だったら本もいっぱい読んでるし話も楽しいと思うんだけど、特に恋愛対象としては見られない」
入野「あの優しさは根っこから優しいんですよ」
平野「だからいじめるのが楽しい!爪食い込ませるところとかね~反応がすごいいい!」
花澤「あの『泥棒猫』のシーンがすごかった!」
平野「すべてのフラストレーションを発散させてました(笑)」

○いまさら姓名判断
有名な占いの先生に天野遠子/井上心葉/朝倉美羽の3人のキャラの名前を見てもらい発表。

心葉君は生まれながらにして強運で若くして出世、想像力・妄想力が高い、頑固で勇敢なところも。
遠子先輩は名前のバランスがよくて温厚で人柄のよいリーダータイプ、プライドが高くて権力志向、恋愛は一途で一直線で深く重くなりがち。
美羽は優秀な天才タイプも1字1字のバランスが悪く色んなところで躓き浮き沈みが激しい、神経質でイライラしやすい、計算高い、穏やかで無邪気な異性を惹きつける魅力も。
とびっくりするくらいにピッタリな結果に。
それでも「どうせなら私たちの名前でやってくれればいいのに」とは全員の意見。

○文芸部からのプレゼント
座席番号で選ばれた人がプレゼントを賭けたクイズに挑戦。出演者が考えた2択クイズで見事正解すれば商品の寄せ書きサイン色紙をゲット!はずれると次に選ばれた人が自動的にゲットするなんとも微妙なシステム。

Q1.花澤香菜より
 最近私、花澤香菜が愛用しているものは何でしょう?
 1.ミニスカポリス 2.プロポリス(○)

Q2.平野綾より
 私が乗っている車の色は?
 1.黒(○) 2.白

Q3.入野自由より
 今日僕がお昼にお弁当で食べたものは何でしょう?
 1.マーボーナス(○) 2.マーボー豆腐

香菜ちゃんはともかく平野さん・自由君は難問でしたが、ヒントを出しまくって見事全問1人目で正解と後腐れない形で収まりました。

○朗読
香菜ちゃんが朗読するので自由君と平野さんは退場。
花澤「緊張ですか?ただ前に宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を朗読したとき、ピアノの演奏に乗せて朗読したのが印象に残っていて、今日はそんなに緊張せずに楽しめればいいなと。
みなさんも眠かったら寝てもいいので聞いてください(笑)」


ここで伴奏の伊藤真澄登場~呼び出しは香菜ちゃんの提案で「ますみたん」で。真っ白な衣装が聖歌隊のようなますみたん♪
朗読は劇場版“文学少女”パンフレットに収録された野村美月書き下ろし「木蓮(マグノリア)の祈り」・・・香菜ちゃんは途中咳き込むところもあり完璧ではありませんでしたが、遠子先輩・心葉君、そしてナレーションとゆったりと“文学少女”の世界観に身を委ねられる心地よい朗読でした。

香菜ちゃんはそのまま退場してライブコーナーへ。

○SPECIAL LIVE
01.伊藤真澄「終わらないメロディ」
02.伊藤真澄「青空の向こう」
03.CooRie「夢想庭園」
04.CooRie「陽だまり白書」
05.eufonius「マナ」
06.eufonius「遥かな日々」

ライブコーナー終了後全員再登場。
花澤「やばいですね!」
平野「生で聞くの初めてだったので感動しました」
花澤「収録前に『マナ』を聞いて電車に乗っていたので、『マナ』を生で聞くのが結構ね~」
伊藤「『マナ』を生で?」
花澤「ちょっと!真澄さん!」

○最後のあいさつ
riya「少し遅れしまいましたが無事開催できてよかったです。これからも“文学少女”の世界をもっともっと描いていけたらいいなと思います」
菊地「なんとか年内にお会いできてよかったです。『遥かな日々』は思い入れのある曲なので今日お聞かせできて嬉しかったです」
CooRie「ずっとずっと楽しみにしていて、今日無事歌うことができて嬉しかったです。この前『夢想庭園』を聞いてCooRieを知ったという男の子に会えてとても嬉しかったです」
伊藤「riyaちゃんも言ってたんですけど、このまま終わらないでいてくれたらいいなと思っていて、次はTVアニメでお会いしましょう!」
平野「この作品は本当にすごい役に出会えて、今でも何度も見返していて、私の中ではずっと切れることなく続いている作品です。これからも美羽を演じられたことを誇りにしていきたいです」
入野「“文学少女”僕もとても大好きな作品です。TVシリーズもいいのですが、ドラマCDシリーズも演りたいと思ってます。大変ですが“文学少女”の世界をより出せると思いますし、自分にとっても挑戦になるので。あとは再び劇場版やってもいいですしね(笑)」
花澤「本当に久しぶりに“文学少女”のイベントをやることができて、本当に大好きな作品なんだと心から思いました。当時拙いながらも遠子さんを一生懸命演じられたことが今の自分を支えていて、そういう作品に出会えて嬉しいです。
これだけで終わりたくないので、これからも応援してください!」


最後はやはり恒例の挨拶で締めることに。
花澤「綺麗に締めたつもりだったのに(笑)」
と言いながらも香菜ちゃんから説明があって、
花澤「私が~!」→全員「文学少女だぁ!」
と締め。
手を振りながら出演者退場、儀武さんの挨拶があり幕が閉まって終演。


香菜ちゃんが名(迷)言で締めるこの感覚が久しぶり!

“文学少女”関連のイベントはこれまでほぼ参加してきて今までのイベントも作品の雰囲気を大事にしてきていましたが、今回はその集大成というべき形で作品イベントとして求められるものはすべて出し尽くした良イベントになりました。
朗読やライブではゆったりと穏やかな時間が流れて、トークや最後のあいさつでは逆に笑いの絶えないこの雰囲気が自分の好きな空気感で参加していて心地いいんですよね~
当初の予定から約8ヶ月待たされましたが、諦めずに待っていてよかったというくらいに大満足です♪

香菜ちゃんは咳込む様子が何度も見られ体調が万全ではなさそうで心配でしたが、最後までしっかり務めてました~最近はRO-KYU-BU!の活動が続いていた分、少し懐かしい雰囲気の香菜ちゃんでしたね。
平野さんを見るのは“文学少女”舞台挨拶以来でしたが色々あって力強くなった感じ。自由君はそんなふたりの間でいい調整役になってました。

今後の展開は原作が完結している以上難しそうですが、なんらかの形でまた遠子先輩をはじめとした“文学少女”のメンバーに逢いたいですね~自由君が言っていたドラマCDの続編が一番可能性が高いと思うので期待したいです。

[関連]
平野綾「久しぶりに文学少女の世界観や、キャストさんアーティストさんと触れ合って、文学少女を堪能できた一日でした」
平野綾「花澤香菜ちゃんいつ見ても癒されます 朗読生で聞けてラッキー」
伊藤真澄「香菜さんの朗読は素敵でしたよ。とてもセリフが多かったので、演奏はとても緊張しました!」
CooRie「文学少女という作品に音楽参加できて本当に光栄です。」
儀武ゆう子「出演者の皆さんも私のために(←勘違い)、素敵な時間をありがとうござました!!!」
劇場版“文学少女” 初回限定版 [Blu-ray] “文学少女”メモワールI-夢見る少女の前奏曲(プレリュード)-初回限定版 [DVD] “文学少女”メモワールII-ソラ舞う天使の鎮魂曲(レクイエム)-初回限定版 [DVD] “文学少女”メモワールIII-恋する乙女の狂想曲(ラプソディ)-初回限定版 [DVD]

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2カウンター

プロフィール

Author:ながせなな


北関東在住のアニメ大好きで、週末は声優系イベントに参加してイベントレポートなど書いてます。

※イベントレポートについて
いいかげん盗聴疑惑をかけられるのもうざいので・・・
一応詳レポと呼ばれるものを書いてますが、声優系イベントでは撮影・録音・録画等の行為がすべて禁止なのは常識なので、イベント中に取ったメモから書き起こしています。詳しくはこちら
参加したイベントすべてのレポを書くとは限りません~モチベーション次第です。
基本的にカテゴリーの“イベント”がレポート形式、“お出かけ”が感想のみになります。

※コメント・トラックバックについて
すべて承認制となっております。
荒らし及び不適切と判断した内容については、削除若しくは一部修正を行う場合がありますので予めご了承ください。
またすべてのコメントにレスを返すとは限りません。

※リンクについて
基本的にリンクフリーなので常識の範囲内でご自由にどうぞ。
但し某大型掲示板等への直リンはご遠慮ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

Twitter

カレンダー

全タイトルを表示

«09 | 2017/10 | 11»
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。