なないろの旋律

雪が溶けたら…春になるんですよ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギルクラフェス

GUILTY CROWN FESTIVAL'12

日時:04/15(日) [昼の部]13:30~15:37/[夜の部]17:30~19:43
会場:中野サンプラザ
出演:梶裕貴/茅野愛衣/中村悠一/花澤香菜/竹達彩奈/嶋村侑/水島大宙/内山昂輝 司会:南かおり
120415a.jpg
120415b.jpg


「ギルティクラウン」初の大型イベント、その名も「GUILTY CROWN FESTIVAL'12」に昼夜公演両方参加してきました。
ノイタミナ枠では珍しい2クールの話題作だったこともあり、メインキャスト男女ともに人気声優が多いこともあり、と会場には男女ともに熱心なファンが多い印象でしたね。

物販はサイン入りTシャツが当たるイベントセットは即完売~自分は香菜ちゃんとあやちの対談も載っているパンフレットのみ購入。

座席は昼の部が1階4列右端、夜の部が1階8列左寄り。角度的に夜の部の方が見やすかったです。
ステージには薄く透けた幕が下りていて、バンドセットが用意されていました。

※今回のイベントの模様は夜の部がBD/DVD最終巻(11巻)に収録されるので、昼の部をメインに夜の部を補足する形でレポートをお送りします。

影ナレは嘘界=ヴァルツ・誠(CV神奈延年)~「なぜなら私死んでるのですから」「ヴォイドの使用も禁止です、見つけ次第捕獲しますよ」などネタ満載。

定刻開演~澤野弘之はじめとしたメンバーで挿入歌のライブ3曲からスタート!

その後、集と涯の影ナレで、
中村「集、ここに集まった人たちからヴォイドを取り出せ!」
梶「おーーーーー!」
中村「本日のミッション、ギルティクラウンフェスティバルだ!」

OP映像が流れた後にキャストが名ゼリフと共に登場~
中村「来い、集!俺たちと共に。お前にはやれることがあるはずだ」
花澤「シュタイナー出ます!」
竹達「私の本気はちょっとすごいよ!」
嶋村「いたいのいたいの、とんでけー!」
茅野「お願い集、私を使って」
梶「たまには自分らしくないことをやれ!」

全員葬儀社を意識してか白黒でシックに統一。香菜ちゃんも黒スカートに黒タイツ、綾瀬を意識して髪も珍しくアップに♪

◎ミニドラマ「ぎる亭くら雲」
BD/DVDの特典映像にも入っているデフォルメキャラでギャクっぽい生アフレコ。
涯が天王洲一高校の先生になり、転校生真名を世界一の歌姫としてプロデュースしようとする。中野サンプラザ上空に24区を合体させて、世界中に真名の歌を届けて結果ロストクリスマスが起こる危機に!
そんな歌姫の座を掛けて、集&いのり、涯&真名、そしてなぜか綾瀬&ツグミも参戦して対決!
集&いのりVS綾瀬&ツグミは古今東西「アンチボディズメンバー」でいのりの勝利!
決勝戦はいのりVS真名のかやのん二役でギルクラ用語でしりとり対決~セリフもOKとむちゃくちゃな真名も最後は「友達を武器に戦う。それは僕が戴きし、罪の王冠」で自爆。いのり勝利も涯は強攻策に出て真名に歌わせようとするも、そこで綾瀬がシュタイナーで24区を破壊。
これで丸く収まるとおもいきや、諦めの悪い涯は24区を東京ドームと合体させて・・・というオチ。

ちなみに夜の部では中村さんのアドリブ爆発で、あまりの変態さに香菜ちゃんも「こんな涯はイヤー!」と24区を破壊(笑)

司会の南かおりが登場して改めてひとりずつあいさつ。

梶「桜満集役の梶裕貴です。みなさん今日はお越しいただきありがとうございます。最後まで楽しんでください」
茅野「楪いのり役茅野愛衣です。いらっしゃいませ~!」
中村「はーい!みなさん、どうも~!恙神涯役の中村悠一です。よろしくお願いします」
花澤「はい、篠宮綾瀬役の花澤香菜です。今日はよろしくお願いします」
竹達「はーい!ツグミ役の竹達彩奈です。今日は最後まで盛り上がっていきましょう!」
嶋村「校条祭役の嶋村侑です。みなさんの前に出てなんか緊張してきました。よろしくお願いします」

◎集VS涯 ヴォイドバトル

梶君と中村さんでヴォイドを使って殴り合い・・・ではなくて(笑)、パートナーと協力して3本勝負のゲーム対決コーナー。負けた方にはお決まりの罰ゲーム。

[昼の部]

・ギルティクラウン ジェスチャー対決!
パートナーがジェスチャーをしてお題を当てる対決。制限時間は1分。
梶君のパートナーが嶋村さん。中村さんのパートナーはあやち。嶋村さんは祭らしからぬ毒舌を梶君に浴びせてました(笑)

お題は、
集チーム:缶詰を空けているFランクの人
涯チーム:ふゅーねるとじゃれている嘘界

嶋村さんは中の人(=阪口大助)の好きなモノ(野球・ラブプラス)を再現するも梶君にはまったく伝わらず、「メジャーリーグ」という回答で不正解。
対する竹達さんはムツゴロウさん風のジェスチャーで、中村さんは「ふゅーねるをかわいがる嘘世界」までたどり着くも厳しいジャッジで不正解。

・ギルティクラウン 箱の中身は何でしょう?対決!
いや、これ「いぬぼく」イベントでやるべき内容だったんじゃ?制限時間は30分で、ふたりとも正解しないと正解扱いにはなりません。
梶君のパートナーがかやのん。中村さんのパートナーは香菜ちゃん。

お題は、
涯チーム:大量のたわし
集チーム:赤い濡れた毛糸

中村さんはいきなり箱を叩いて威嚇して、ふたりともすぐにわかって楽々正解。
梶君はビビリすぎてかやのんがなんとか触らせようと振りあげてさらにびびる梶君(笑)それでも梶君が「しめった毛玉」かやのんが「ぬれた毛糸」という回答で正解。

・ギルティクラウン クイズ対決!
「ギルティクラウン」に関するガチクイズでふたりとも正解で得点。より多く正解したチームの勝利になります。
ところがもう全員パートナーを務めてしまい・・・というところで赤サインが鳴り、映像と共に寒川谷尋役の水島大宙とダリル・ヤン役の内山昂輝が名ゼリフと共にぬるっと登場!
梶君のパートナーが大宙さん。中村さんのパートナーは内山君になります。

Q1.綾瀬が最初に操縦したエンドレイヴは?
 中村:ドラ○○ん 内山:ドリルマン 水島:アーノイン 梶:シュタイナー
A1.ジュモウ

Q2.集がいのりに最初に渡したお弁当箱の柄は?
 中村:○○のやつ 内山:水玉(大量の目玉) 水島:水玉 梶:いぬ的な
A2.クマ

Q3.文化祭で花音はどんなコスプレをした?
 中村:ナース 内山:ナース服 水島:ジュモウ 梶:ヴァンパイア
A3.犬耳

結局全問不正解で決着はヴォイドじゃんけんで~梶君が見事に勝利!
梶「最後に勝つのは暴力じゃない、逆だなと(笑)」

罰ゲームはチーム全員一斉に自分が演じたキャラのヴォイドを身体で表現・・・中村さんが銃を腰を曲げて、香菜ちゃんが空を飛ぶブーツを飛び跳ねて、あやちがハンドスキャナを反復横跳びで、内山君が万華鏡をぐるぐる回りながら・・・となんともシュールな絵面でした(笑)
内山君はぐったり座り込んで、女性陣から「おじいちゃんみたい」と言われて「この中で最年少だよ!」

[夜の部]
こちらは簡単に結果を。

・ギルティクラウン ジェスチャー対決!
中村さん曰く業界No.1&2のジェスチャーキングの香菜ちゃんVSかやのん~香菜ちゃんは自信たっぷりに構えから気合い十分も、かやのんは対照的自信なさげ。
梶&花澤:あやとりするヴォイド王子→ヴォイド王子まではわからず不正解。
中村&茅野:踊るダン・イーグルマン→客席の歓声の助けもあって正解。

・ギルティクラウン 箱の中身は何でしょう?対決!
中村&嶋村:塩にぎり→あっさりとおにぎりとわかり正解。
梶&竹達:糸こんにゃく→あやちが“こんにゃく”と痛恨の漢字間違いで不正解。

この時点で2-0で涯チームの勝利・・・のはずが最後の勝負は逆転可能な3Pに。

・ギルティクラウン クイズ対決!

Q1.16話でヴォイドが破壊された女生徒のヴィイドは?
 中村:カマ 水島:ボウガン 内山:まち針 梶:ブーメラン
A1.ボウガン

Q2.ツグミのコードネームは?
 中村:スネーク 水島:ツグマナイ 内山:東アジアのサファイア 梶:きりの
A2.ブラック・スワン

Q3.城戸研二のヴォイドは?
 中村:重力操作するやつ 水島:岡本(信彦) 内山:枝豆 梶:重力を操る銃
A3.重力銃

Q4.いのり以外の女性キャラで最初にヴォイドを取り出そうとした時に起きた悲劇は?
 中村:乳揉み(梶さんが) 水島:パイタッチ 内山:眼が悪くなった 梶:花音の胸を触る
A4.祭のヴォイドを取り出そうとして花音の胸を掴む

最終問題で中村&水島が揃って正解!完全に内山君が足を引っ張りました(笑)
結果5-0で涯チームの勝利で、罰ゲームは同様に身体でヴォイドを表現・・・昼夜でパートナー入れ替えだったので、花澤・竹達・内山は2回ともやるはめに。
梶君は右手を表現するのに寝転んで手足を広げて、その姿を卑猥と呼ばれる始末(笑)

キャストは一旦退場して映像上映~
「ロストクリスマス」櫻井孝宏・阿澄佳奈からビデオメッセージ→先行VTR→EGOIST1stアルバム告知(2012年夏)

◎朗読「ギルティクラウン 葬要~ヴォイス・オブ・イデア~」
本編の名シーンをぎゅっと20分に凝縮した総集編を生アフレコ~真剣に集中した熱演でした。

・朗読を終えての感想など。(夜の部では嶋村さんが体調不良?で不在)
梶「さっきまで『箱の中身は~』なんてバラエティコーナーをやってたのが急にシリアスになって、みなさん聴き入ってくれて。総集編を追っていって半年間のアフレコを思いだして感動しつつ、すごく楽しかったです」
花澤「はい、私綾瀬すごい好きで、人間らしいところが。あんまりこういう役どころを演じたことがなくて、すごく緊張してたアフレコだったのを思い出しました」
水島「20分ちょっとの映像とアフレコで、最後のシーンはぐっとこれるような感じで、集といのりに見入ってしまいました。谷尋の『救世主のつもりかよ!』なんて割愛してもいいくらいで(笑)ふたりがステキな空気を作ってくれたので、みなさんと僕も同じ気持ちです」
中村「目の前にお客さんがいるので、意識はここ(台本)にいきつつもこっち(客席)にもあるんです。芝居に広がりがあっていつものアフレコ以上の力が出る錯覚がありますね」
嶋村「すごい不思議な感覚で演らせていただきました」

・心に残るシーンは?
中村「マジメな話をする空気が嫌で・・・いいんですか?もっとアットホームでも一向に構わないですよ(笑)
水着回もいいんですけど(笑)やっぱり1話ですね~初めてアフレコに臨んだときがすごく印象に残ってます。オーディショからアフレコまでしばらく空いていて、この役を全うするために身構えた状態でしたけど、実際作ってみないとわからないので。それで現場の空気が1話のテストから一色だった気がして・・・」

ここで大宙さんがガマンできずにくしゃみ。
中村「いいんですよ~僕がアットホームにって言ったので、先輩(笑)何話してったっけ?
演りたいお芝居の矛先が同じ方向に向かってたね」

内山「『ダリル坊や』ですかね?いきなりあだ名がついて、『脂身→』で終わったのが僕のギルクラです(笑)」
中村「同じじゃなかったですね~あいつ違うよ(笑)」
内山「僕2話からだったので(笑)」
中村「2話からおかしくなったんだよなぁ(笑)」
竹達「私は“ダリル=脂身”なんですよ~『初めての方のギルティクラウン』って台本にグエンさんだけ“脂身”って(笑)すごく気になってしょうがなくて、『これかー!』と、大好きなシーンです。・・・ステキな雰囲気を壊してすみません(笑)」
茅野「私はやっぱり1話の空気感が『これがギルクラか!』とすごい印象強かったです。集との『私は味方だから』というセリフに全部の思いがこもってるのかなと思って演じたので、心が寄り添ったシーンですごく好きです」

◎最後のあいさつ
嶋村「試写会から呼んでもらってとても思い出深い作品です。これからもどんどん進化していくと思うのでよろしくお願いします」
竹達「こんなに大きなステージで、こんなにステキなメンバーとステージに立って、こんなにステキなお客さんと楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました」
花澤「あの~まだまだ明かされてない謎とかもあって、本当に色んな展開ができる作品だと思います。みなさんんい応援していただいて、また綾瀬を演じられたら嬉しいです。ありがとうございました」
内山「やっぱり絵の力が強い作品で、アフレコでも最後まで絵が完成しててテンション上がりました」
水島「アフレコが終わってから結構経って一段落ついた中で、みなさんがギルティの空気をすごい持っていてぐっと自分も入ってるなと、強い世界観を持った作品だなと思います」
中村「はい、中村です。だんだん言うことがなくなる宿命ですが(笑)涯を生み出すのは自分しかいなくて、すごい勉強させてもらった半年間でした。今後マジメな話をする場もあればいいなと思います」
茅野「いのりと真名の二役を演じさせていただいて、歌のchellyさんとふたりで作ったような感覚です。ステキな世界観の中でお芝居できて充実した半年間だったなと思います。本当にありがとうございました」
梶「個人的に等身大で体当りでぶつかってお芝居した作品で、半年間がすごく濃厚でした。みなさんが心から『ギルクラ』を感じたいという思いが伝わってきてそれが嬉しかったです」

全員退場後にED映像が流れて、キャスト再登場~客席に左・右・真ん中と深々と礼。夜の部は嶋村さんもごめんと合図をしながら登場。
幕が下りて終演。


ノイタミナ枠らしいおしゃれな作品イベントでした。

いきなりアーティストの挿入歌ライブから始まり、途中バラエティコーナーで和やかな笑いはあったものの、最後は20分にも及ぶ生朗読と、「ギルクラ」の濃密な空気をいっぱいに感じられましたね~作品イベントとしては安定のアニプレクウォリティ!
個人的には構成にやや冗長さを感じたものの、作品ファンとしては満足度の高いイベントになったんじゃないかと思います。

香菜ちゃんは珍しい黒一色の衣装が新鮮で、生朗読では男勝りな綾瀬の絶叫も聴けてとこちらも新鮮で普段あまり見られない香菜ちゃんでしたね♪バラエティコーナーでは期待どおり、ジェスチャーに罰ゲームにと身体いっぱいの活躍はいつもの香菜ちゃん(笑)
他のキャストだとやっぱり中村さんですね~そんなにテンション変えずにところどころ笑い取ってくるからなぁ。

昼の部は手探り状態だったのが、夜の部では雰囲気にも慣れて客席のテンションも高めで盛り上がった印象~そういう意味では映像収録が夜の部なのは正解だと思います。
ただやっぱりOP/EDのライブが使えなかったのは痛かったなぁ・・・EGOIST、supercellはClariS同様に無理なのはわかるけど、もう一歩盛り上がりに欠けたかなと。

[関連]
嶋村侑「わたしにとって、とても特別な日になりました。」
ギルティクラウン 11(完全生産限定版) [Blu-ray] ギルティクラウン ロストクリスマス 完全生産限定版【Amazon.co.jpオリジナルCD付き】

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2カウンター

プロフィール

Author:ながせなな


北関東在住のアニメ大好きで、週末は声優系イベントに参加してイベントレポートなど書いてます。

※イベントレポートについて
いいかげん盗聴疑惑をかけられるのもうざいので・・・
一応詳レポと呼ばれるものを書いてますが、声優系イベントでは撮影・録音・録画等の行為がすべて禁止なのは常識なので、イベント中に取ったメモから書き起こしています。詳しくはこちら
参加したイベントすべてのレポを書くとは限りません~モチベーション次第です。
基本的にカテゴリーの“イベント”がレポート形式、“お出かけ”が感想のみになります。

※コメント・トラックバックについて
すべて承認制となっております。
荒らし及び不適切と判断した内容については、削除若しくは一部修正を行う場合がありますので予めご了承ください。
またすべてのコメントにレスを返すとは限りません。

※リンクについて
基本的にリンクフリーなので常識の範囲内でご自由にどうぞ。
但し某大型掲示板等への直リンはご遠慮ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

Twitter

カレンダー

全タイトルを表示

«07 | 2017/08 | 09»
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。