なないろの旋律

雪が溶けたら…春になるんですよ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの夏で待ってる感謝祭@小諸

あの夏で待ってる感謝祭@小諸

日時:08/04(土)13:51~15:56
会場:小諸市民会館
出演:戸松遥/島﨑信長/石原夏織/荻原秀樹/阿澄佳奈/田村ゆかり/日高里菜/Ray
120805.jpg
120805a.jpg
natsumachi.jpg



「なつまち」の聖地イベントに参加しに小諸まで行ってきました(→聖地巡礼的な観光記事はこちら
チケットは文字どおりの瞬殺でしたが、朝早くからぴあに並んだこともあってなんとか確保~無事参加することができました。

開場は30分遅れ。入場時にアンケートと無料の団扇が配られました~ホール内は空調がイマイチなのか蒸し暑さを感じました。
ステージにはスクリーンがあり、両サイドに映画のフィルムのようなデザイン。
座席は、ら列右側。

開場が押したこともあって20分遅れで開演。
会場が暗転して、星空の映像をバックにイチカ@戸松のナレーション。
戸松「ようこそ小諸へ。ようこそ“あの夏へ”
そのままOP映像~VTR後にキャスト全員登場。

戸松「先輩です(笑)みなさん、こんにちは!貴月イチカ役の戸松遥です。
まさに聖地『なつまち』の舞台の小諸でメンバー全員でイベントができて嬉しいです。今日は楽しいひとときを過ごしてください」

島﨑「みなさん、こんにちは!霧島海人役の島﨑信長です。
本日は暑い中遠いところから集まってくれて、嬉しくてしかたありません!今日はおもいきり、目一杯楽しんでください」

石原「みなさん、こんにちは!谷川柑菜役の石原夏織です。
今年の最初くらいに『小諸でイベントをやりたい!』と言っていたのがまさか実現すると思ってなくて。みなさん一緒に盛り上がっていきましょう!」

荻原「はい、みなさんこんにちは!盛り上がってますか?石垣哲朗役の荻原秀樹です。
煽っておいてあれだけどみんなすごいね!最後まで持つかな?よろしくお願いします」

阿澄「はい、みなさんこんにちは!北原美桜役の阿澄佳奈です。
小諸に本当に集まっていただきありがとうございます。私たちも大好きな作品で、夏というこの時期に集まれて嬉しいです。かけがえのない1日にしましょう」

田村「みなさん、こんにちは。山乃檸檬役の田村ゆかりです。
私の前のみんなが思いの他テンション高くて…(元気よく)『こんにちはー!!』みたいな?私どうしようかな?みんなキャスト元気いっぱいですが、ぬるぬると頑張っていこうと思います。よろしくお願いします」

日高「みなさん、こんにちは!りのん役の日高里菜です。
メインキャストが全員揃うのも久々で控え室から楽しくて、今日は盛り上がるイベントになると思います。よろしくお願いします」


荻原「(急に哲朗の声で)なあ、カイ?」
島﨑「(海人の声で)どうした哲朗?」
荻原「せっかく小諸まで来たんだからさ~カイの家の縁側行きたいよなぁ」
島﨑「ムチャ言うなよ!」
荻原「ねえ、檸檬先輩?」
田村「(檸檬の声で)私にまかせて
と海人家の縁側を再現したセットをMIBのTシャツを着たスタッフが運んで登場!イラストと同様の配置で着席。
縁側の上にはマイクロファイバータオルが用意されていて。
田村「足下隠してってことじゃないの?
えっ?これ買えるの?でもお高いんでしょう?

と物販に食いつきまくりのゆかりん(笑)

○語ります、先輩。
事前にアンケートを取った、各々好きなシーンを発表。
スクリーンのタイトルを見て、
田村「文字こわくない?
→以降タイトルが出る度にこわい連呼(笑)

・第7話より、美桜が哲朗に告白するシーン(阿澄)
阿澄「ここの哲朗はよかったっすね!どっちかって言うと私は海人派なんですけど」
田村「えーーー!私、哲朗派!
→他の女性陣は全員哲朗派。
阿澄「嘘嘘(笑)
初めて想いを伝えてきっかけになったのが美桜というのにびっくりで、そこから色々物語が進んでいく、各々の心情が変わるきっかえになったと思います」

田村「柑菜と同じ髪型にしたい的な、哲朗のことわかってるから見た目似せようかな?って(笑)」
阿澄「何かにつけて美桜を女狐みたいにするのはやめて!」
田村「でも私、美桜が一番好きですよ~だからこその深読みみたいな(笑)」

・第11話より、哲朗が美桜とベスパで敵を惹きつけつつ、映画に誘うシーン(荻原・田村)
荻原「今まで完全に柑菜をいじるしか愛の表現ができなかった哲朗が、この一言で映画に誘う…そうなんだ!と思ってたらこの後にね(笑)」
田村「私も私も!『映画に行かない?』って最初台本を読んだときに『やったー!嬉しい!』ってなった」
荻原「一喜一憂してたよね、ゆかりんは(笑)」
田村「私あすみんの隣で、テストが終わる度に『あーっ!』て(擦ってた)」
阿澄「いつも擦られてました(笑)」

・第9話より、柑菜がイチカに気持ちを伝えるシーン(石原)
石原「今まであんなにはっきり言ってこなかった柑菜がここで。台本を頂いたときに切なすぎて泣いたんです。リハーサルの時も気持ちが追いつかなくて上手くいかなかったのが、本番でふっと入ってきた。切ないけど私的に楽しんで演技ができたのでよい思い出です」
田村「青い子いい子だよねー!海人はバカだと思う!」
阿澄「海人派としてフォローすると、まっすぐさ…ですかね?それしか出てこなかった(笑)」
島﨑「あんなにまっすぐじゃなかったら先輩を落とせなかった!でも、柑菜、ごめんなさい!
田村「こういうところがむかつくんだよ!

順番的には信長君の番ですが、とっておきということで最後に。

・第8話より、みんなでお祭りに行くシーン(戸松)
戸松「イチカ的には宇宙人なので、初めて日本の伝統的なお祭りを見て、これまではちょっとドジだけどお姉さん的な立ち位置だったのが、『しゅてき』ってニューワードを連発してて。等身大の女の子を感じて、演ってても楽しかったです。みなさんお祭りで好きな食べ物なんですか?」
阿澄「かき氷!」
荻原「いか焼き」
石原「じゃがバタ」
田村「私、豚バラ~なんで笑うの?豚バラ美味しいじゃん!やっぱベビーカステラとかにしといた方がよかった?(笑)」
日高「わたあめ」
戸松「焼きそば」
島﨑「りんご飴。なんかつい買っちゃう」
荻原「あの頃は幸せだったよね…もうBパートでびっくり!」

・第10話より、柑菜が海人に想いを伝えるシーン(日高)
日高「この坂から全力で走ってきて『うわぁー!』(→映像に合わせてキャスト全員絶叫)って。清々しくて柑菜かっこいい!」
田村「今まで一番子どもだったのが急にひとりだけ大人になって」
荻原「連鎖反応でみんなおかしくなった。哲朗もこの前にふられてるし。美桜の後ろからギュって反則だろ!男ならイチコロだよ!
田村「しょうがない。美桜は女狐なんだから(笑)でも美桜好きだよ
阿澄「何でも好きって言えばいいわけじゃないんです!
田村「でも私ふたりを応援してるから、もっとぐいぐい行ってほしい!」

最後は信長君。
島﨑「全部好きだったんです!すみません!」
客席からのブーイングを受けて、
島﨑「でも一番は最終話の『先輩!』って叫んでるシーンが印象に残ってます!」
田村「でも言うんだ(笑)」
荻原「エピローグも好きだな~最後戻ってきたのが服でわかって、Finって出るのが」

○撮ってきました、先輩。
里菜ちゃんが小諸の聖地巡りをした写真を紹介。
田村「字こわいわ~

駅・柑菜が走った道・ダム・バス停・学校・海人の家・映画の撮影地などなど~里菜ちゃんが劇中のシーンを再現したり、りのんパーカーを着たり。
キャラが複数出てるシーンは男性スタッフと一緒に撮影していて、途中からゆかりんはおっさんいないの?とそればかり気にしたり(笑)

日高「ぜひみなさんも見に行ってくださいね!」

○先輩、みんなの前で…
本編の印象的なシーンを生アテレコ。

・第1話より、4人で映画を撮りたいと会話しているシーン
・第2話より、ダイナマイトドリンクでみんな酔っ払いになるシーン
・第3話より、海人を見舞いに行く、海人×イチカの妄想シーン
・第7話より、海人・イチカのキス未遂、柑菜ネコ化シーン


ここで信長君の提案でもう一度7話のシーンをシャッフルアフレコで演ることに!くじ引きは王様ゲーム用のくじで。
配役は、日高:柑菜 田村:女狐(美桜) 戸松:哲朗 島﨑:イチカ先輩 石原:檸檬先輩 荻原:海人 阿澄:りのん
…なぜか信長君と荻原さんのBL風なラブシーンに(笑)そして戸松ちゃんが好き勝手にノリノリ!

最後にドラマCDの今回書き下ろし台本を特別に生アフレコ。普段は間違えようがなんだろうが一発録りだそうで。念入りに台本を読むキャスト陣。

タイトルは「きたか?柑菜ルート」の巻。
夏休みの一コマ、りのんを助けようとして交通事故に遭い記憶障害になった柑菜(診察したのはいいかげんな医者檸檬先生)が、なぜか海人のことだけは恋人だと言い張り、イチカ先輩を敵呼ばわり。
カイキュン☆カイキュン☆カイキュンキュン☆と歌いながら迫る柑菜ですが、またりのんが車に轢かれそうになり助けようとする柑菜とイチカ。
…そしてふたりとも記憶障害になったのでした。カイキュン☆カイキュン☆カイキュンキュン☆
檸檬「どうにもならないわよフフフ」

ゆかりんがリズムを合わせるのに右手を上下に動かしてるのがかわいかったです。そして油断したところで「谷川君」と、名前を間違えるという初歩的なミスは珍しい。

ここでキャストは一旦退場、OP担当のRay登場。

○Rayミニライブ

01.告白
02.Sign

Ray退場で、キャスト再登場。
客席の団扇を見て、
田村「キャラクターのは売ってるやつで、りのんが寝てるやつはタダでもらったやつでしょ?」
120805b.jpg
左が500円の団扇で、右がタダの団扇(笑)

ここで入場時のアンケートに書いた応援メッセージをボックスから引いて発表。
戸松→荻原と引いて3人目のゆかりんが引いたのは、
田村「8/6石原夏織ちゃん、8/12阿澄佳奈さん、お誕生日おめでとう!
とサプライズ!ケーキが登場して客席と一緒に「HAPPY BIRTHDAY」の大合唱。

○プレゼントコーナー
里菜ちゃんの「りのん語クイズ」(「なーなー」+ジェスチャーのみ)を他のキャストが答えて正解すると1問ごとに1枚ボックスからアンケートを引いて、そのお客さんに全員のサイン入りポスタープレゼント。

Q1.あの夏で待ってる感謝祭@小諸
田村「これ1文字ずつなの?なんでみんなわかるの?」
Q2.小諸が日本一暑い
Q3.3年後絶対後悔させてやるんだからっ!
石原「3年後絶対見返して?後悔して…違っ!後悔させてやるんだからっ!」
→自分のセリフなのに3回目でようやく。
Q4.フフフ、すごいことするわよ
田村「バナナ?エクアドル産バナナ?」
Q5.生麦生米生卵
→これはさすがに一発正解。
Q6.ありがとうございました!
→全員で一斉に言おうとするもゆかりんだけわからず。
阿澄「ゆかりさん。ゆっくり言って合わせましょう!空気を読んで!
→無事ゆかりんも空気を読みながら一緒に答えられました。

という感じで苦戦したものの、見事6問すべて正解にたどり着きました。

○最後の挨拶

日高「りのん役の日高里菜です!本日は暑い中ありがとうございました。
収録が始まる時に『小諸でイベントしたいね』って言ってたのがまさか実現するとは!今日の日をすごく楽しみにしてました。
また会いたいからずっとずっと『なつまち』応援よろしくお願いします」

田村「山乃檸檬役の田村ゆかりです。今日は本当に楽しい時間をありがとうございました。
みなさんが『なつまち』を愛してるのがわかって私も嬉しいです。私も大好きな作品なので、また何かの形で演らせていただけたら嬉しいです」

阿澄「北原美桜役の阿澄佳奈です。お誕生日も祝ってもらえて、29になります!ありがごとうございます!
本当にこの作品は大好きで、半年以上してから聖地でみなさんとお会いできてとても楽しかったです。みなさん楽しい方ばかりで道中も楽しくて、すごくステキな1日でした。
また会えたらいいな~祈ってください」

荻原「石垣哲朗役の荻原秀樹です。今日は本当にありがとうございました。
思い起こせば冬のアニメで、半年経って未だに応援してくれて、イベントをしかも聖地でできて、みなさんにお会いできて幸せです。
今日はバタバタとした移動でしたが、改めて2泊3日くらいして小諸をぐるっと一周回ってみたいです」

石原「谷川柑菜役の石原夏織です。今日はみなさん小諸に来てくれてありがとうございました。
最初にも言ったんですけど、小諸でイベントができるとは思ってなくて、こんなにたくさんの方が来てくれて嬉しいです。
『なつまち』っすごい好きで、その時のアフレコの記憶とか前のイベントの記憶とか戻ってきて、この作品好きだなぁと思いました」

島﨑「霧島海人役の島﨑信長です。みなさん本日はありがとうございました。
本当にこの作品大好きな人ばかりで、僕も大好きです。遠いところからたくさんの方が来てくれて、また来たいと思ってくれる方もたくさんいて、作品が愛されてるのを生で実感できて嬉しいです。
また小諸でイベントをやれたらいいなと思っています。そのために『あの夏で待ってる』を愛し続けてくれればまた会えると思っているので、よろしくお願いします」

戸松「皆様、本日は楽しんでいただけましたでしょうか?貴月イチカ役の戸松遥です。
本当に私もこの作品に関われて嬉しいです。ずっとイチカを演り続けたい思いが強くて。1話のアフレコのずっと前から、キャストだけでなくスタッフみんなでいいモノを作ろうと一丸になって作ったので、作品を通してその思いが伝わっていたらいいなと思います。
季節もまさに『なつまち』の季節なので、作品と一緒に楽しんでもらえると思うので、『なつまち』の世界に触れてもらえたらなと思います。
『なつまち』とイチカと出会えたこと、すべてのみなさんに感謝しています」

最後にRayも登場。
Ray「今日はみなさんありがとうございました!私もアニメをリアルタイムで見ていて、大好きな作品に関われて嬉しいです。『なつまち』大好き!」

島﨑「それじゃ、またイベントに来てくれるかな?」→客席「いいとも!」
荻原「いいお客さんだ(笑)」
島﨑「ありがとうございます。最後は先輩、お願いします」
戸松「(イチカの声で)みなさん、本当にありがとうございました!」
→スクリーンに羽音先生のイラストも。

全員手を振りながら退場して終演。


聖地巡礼にぴったりなイベントになりました。

聖地巡礼写真のコーナーはまさにですが、トークに生アテレコにミニライブにと作品と舞台をリスペクトした申し分のないイベントでした。客席は元気でしたが(笑)イベント内容は「なつまち」の雰囲気そのままな穏やかな進行だったと思います。基本回しは信長君&あすみんでしたが、よく頑張ってましたね!

ゆかりんは最初はひとりローテンションでしたが、美桜@あすみんを女狐呼ばわりしたり、物販について強調したりとさすがの盛り上げ方でしたね~どことなく檸檬先輩みたいな立ち位置に感じました。
特にあすみんとのやり取りが美味しかったです♪

作品としては完結しているので今後の展開はなんとも言えませんが、もし機会があればぜひまた小諸でイベント開催を期待したいです。
初めて聖地イベントに参加してみて、イベントを楽しむのはもちろん舞台・聖地をそのまま堪能できるという普通のイベントにはない充実感が得られました。今流行りの聖地巡礼、そして聖地でのイベントですが作品が好きであれば興味深く参加できると思います。場所によっては行くまでが大変なところもありますけどね(笑)

[関連]
戸松遥「まさか小諸に夏待ちメインキャスト全員でお邪魔出来る日がくるなんてっっ…本当に夢のような1日でした!」
石原夏織「幸せすぎる事がたくさんで、もう胸がいっぱいというか、なんかもうずぅーっとこのメンバーでいれたらいいのになって改めて思っちゃいました」
日高里菜「実は日高、みんなよりも一足先に小諸に行って聖地巡礼してきたんです!その写真も昨日皆にみてもらうことができて良かったー(*^_^*)♪」
あの夏で待ってる 5 (初回限定版) [Blu-ray]

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2カウンター

プロフィール

Author:ながせなな


北関東在住のアニメ大好きで、週末は声優系イベントに参加してイベントレポートなど書いてます。

※イベントレポートについて
いいかげん盗聴疑惑をかけられるのもうざいので・・・
一応詳レポと呼ばれるものを書いてますが、声優系イベントでは撮影・録音・録画等の行為がすべて禁止なのは常識なので、イベント中に取ったメモから書き起こしています。詳しくはこちら
参加したイベントすべてのレポを書くとは限りません~モチベーション次第です。
基本的にカテゴリーの“イベント”がレポート形式、“お出かけ”が感想のみになります。

※コメント・トラックバックについて
すべて承認制となっております。
荒らし及び不適切と判断した内容については、削除若しくは一部修正を行う場合がありますので予めご了承ください。
またすべてのコメントにレスを返すとは限りません。

※リンクについて
基本的にリンクフリーなので常識の範囲内でご自由にどうぞ。
但し某大型掲示板等への直リンはご遠慮ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

Twitter

カレンダー

全タイトルを表示

«03 | 2017/04 | 05»
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。